バカ「灰汁をとれよ」料理人「灰汁なんてとらない。それも素材の味だから」