【グランプリシリーズ】ロシア杯。羽生結弦、完璧すぎる。ルール改正後の世界最高得点を更新する110・53点で首位発進。