女さん、とんでもないハンダゴテの持ち方をしてしまう。