太宰治「ほう、これが小説家になろうというサイトか。どれ投稿してみるか」