リア充さん、とんでもない新元号を考案してしまう